デザイナー・ペット栄養管理士 鹿野 敬子さんインタビュー ベジタブルサポートをおすすめする理由

鹿野敬子さんインタビュー
デザイナー・ペット栄養管理士

鹿野 敬子

インテリアメーカーを経てモデルルーム・個人邸・オフィス中古マンションリノベーションなどのインテリアデザインを手掛ける。
代表作「PARTY BAG CHAIR」バッグ型組立式家具の考案をきっかけに国内外の展示会に出展。海外の雑誌に掲載される。
バッグチェアの座面に愛犬のお散歩でもなじみのあるデニム地を使用し、独自の装飾を施し、これを機にバッグクッション等色々派生。独自のデニムインテリアスタイルを確立。
愛犬の病気をきっかけに手作り食をはじめる。食だけにとどまらず術後の愛犬の身体に配慮したオリジナル犬小屋やマットなどをデザイン。
「健康・長寿」が石言葉の日本が世界に誇る真珠を愛犬へ贈ったことから、本真珠やシルバーやお誕生日石など本物のドッグジュエリーを展開。
家族とわんちゃんと同じメニューのコース料理のレッスンやお茶会、犬語講座など主催。
わんちゃんのオリジナルイラストグッズ、アニマルコミュニケーション・オーラリーディングなど活動は多岐に渡る。愛犬とお揃いのオリジナルファッションや食、テーブルコーディネートなどペットとの独自のライフスタイルにも注目が集まる。

①豊富な栄養素

鹿野敬子さんインタビュー

こちらの成分表を拝見して、まず驚いたのがアミノ酸(タンパク質)やビタミン、ミネラルなど色々な栄養が豊富に含まれていることです。
またそれらを「低温微粉末加工」で犬猫が消化吸収しやすいように作られていて素晴らしいと思います。
タンパク質は 20 種類のアミノ酸からなる栄養素で、体内で作ることができず食事から摂取する必要のあるアミノ酸を「必須アミノ酸」と言います。
犬の場合は10種類(アルギニン、イソロイシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、メチオニン、ロイシン、リジン)です。猫はタウリンを加えた11種類が含まれています。
中でも分岐鎖アミノ酸 BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)は細胞内外の情報伝達物質として働き、筋肉や組織のタンパク質合成促進・分解抑制を行う大切な栄養素で、肝機能の改善をサポートします。
さらにビタミン、ミネラル手作りでは不足がちな鉄や亜鉛、葉酸などの栄養素も含まれています。 水溶性のビタミン B 群は脂質の代謝を助け、皮膚や角膜の保護に役立ち発育促進に欠かせない栄養素です。
脂溶性のビタミンEは強い抗酸化作用を持つ脂溶性のビタミンで、体内の脂質の酸化を防ぎます。
過酸化脂質の生成を抑制し、血管を健康に保ち動脈硬化や血栓の予防、血圧の低下、LDL(悪玉)コレステロールの減少、細胞膜を健全に保つなどの働きがあり、加齢に伴って発症しやすい疾患の予防にもなり老化防止にも効果があり「若返りのビタミン」とも呼ばれます。

②腸活で健康維持を

鹿野敬子さんインタビュー

食物繊維が腸内環境を整える 食物繊維は小腸で消化・吸収されずに、大腸まで達する食品成分です。
腸内には、多種多様な細菌が生息しており、「お花畑([英] flora)」のようにみえることから『腸内フローラ』とも呼ばれています。
食物繊維はその腸内細菌のエサとなったり、腸を刺激して便秘の予防をはじめ、有害物質を吸着して体外に排出してくれたりとさまざまな効果が期待できます。
腸内細菌が食物繊維をエサとして短鎖脂肪酸を畜生し、腸のバリア機能を高める働きをしたり、免疫機能の向上にもつながります。
アレルギーや免疫機能低下、肥満などさまざまな病気が腸内環境の乱れが原因とも言われています。腸は第二の脳とも言われ、腸内細菌のバランスを保つことが心身の健康にとても重要です。
腸内細菌の状態は、便から判断することができます。日頃から便の状態をチェックして健康維持に努めたいですね。 食物繊維は動物性食品にはほとんど含まれず、植物性の食品に含まれる成分なので野菜を摂ることがとても重要です。ベジタブルサポートをとることによって、食物繊維を食事に手軽に補えるのも嬉しいですね。
また、ヨーグルトと食べることによってビフィズス菌などの腸内細菌の善玉菌と食物繊維の相乗効果も期待できます。
腸内環境を整えることで精神の安定にもつながりペットとより健康で心地よく暮らすことができます。

③健康維持には栄養バランスが大切

鹿野敬子さんインタビュー

愛犬の病気をきっかけに10年以上手作り食をして、食べるもので体調が変わることを実感する日々です。
その日の愛犬の体調を見ながら食材を揃えて作ったり、いつもの作り置きしたベースごはんをアレンジしたりして与えています。
手作り食の良いところは愛犬の体調を見ながら、自分の目で食材を選び、出来立てをあげられるのはもちろんのこと、家族と同じメニューにしたり一緒に楽しめることですよね。
また同時に手作り食を始めて悩むのが「これで栄養バランスなど大丈夫かな?」という不安や作る手間暇などだと思います。

手づくりごはんにベジタブルサポートを足すだけで栄養バランスがぐんと上がり、高齢で消化吸収が難しい犬猫ちゃんにも優しくうれしいですね。

食事も犬猫ちゃんとのコミュニケーションの一つ。しっかりサポートしてあげたいですね。
ベジタブルサポートを継続的に使うことによって、腸内環境が改善され、免疫力もアップし 毛艶や皮膚の状態、犬猫のいきいきした顔の表情などにその効果が表れてくると思います。

初めての方へ トライアルセット 初めての方へ トライアルセット